オススメCFD会社

  • EZインベスト証券:MT4「FX取引」と、日経225指数等の「証券CFD取引」を提供!
  • 国内で、証券CFDをMT4で取引できる唯一の会社です。

EZインベスト証券

EZインベスト証券

いろいろなパターンがあるCFD投資法

CFDの説明

株価指数CFDにはいろいろな投資のスタイルがあります。

 

例えば、国内ではなく海外、つまり世界中の株価指数を対象に投資をするというスタイル。

 

CFDは欧米、中南米、北欧など世界中のマーケットに投資できますし、グーグルやインテルなどの海外で有名な企業にも投資することができます。

 

日本の場合は、経済がすでに成熟してしまっているので、今後大きな変化はあまり期待できないかもしれません。

 

ところが、海外には発展途上なマーケットがたくさんあり、CFDはそれらにも投資できるので、大きなチャンスを見つけることも可能です。

 

CFDにはレバレッジがあるので、大きな儲けを狙うのであれば、ハイリスク・ハイリターンな取引が可能です。

 

しかし、堅実な取引をして確実に資産を増やしていきたいという人も少なくないでしょう。
そんな時には債券CFDがおすすめです。

 

債券CFDはインカムゲインがないのですが、短期での売買ができるので、キャピタルゲインを狙うことが可能です。

 

債券CFDの場合は他に比べて値動きが安定傾向にあるので、堅い取引に向いています。

 

キャピタルゲインと金利収入の両方を狙うのなら、FXもおすすめです。

 

日本円は低金利通貨なので、日本人はFXでのスワップポイントを有利に狙うことができます。

 

CFDはいろいろな商品に投資することができるので、プラチナや穀物のような一般投資家には馴染みのない商品を扱うこともできます。

 

上級者向けと言われている銘柄でも、CFDなら扱いやすくなります。

 

FXでSWP(スワップポイント)を稼ぐ

【投資系メルマガ】 1ヶ月ランキング  & 【CFD】会社

fx-onメルマガ 1ヶ月ランキング

【CFD】取扱い業者

DMM.com証券【CFD】

CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄

EZインベスト証券【CFD】

EZインベスト証券

EZインベスト証券

  • EZインベスト証券:MT4「FX取引」と、日経225指数等の「証券CFD取引」を提供!
  • 国内で、証券CFDをMT4で取引できる唯一の会社です。
【iForex】CFD取引もできる海外FX会社

【iForex】CFD取引もできる海外FX会社

サクソバンク【CFD】

サクソバンク CFD

EA、インディケーターなどの口コミ

海外FXランキング

優良会社を見つける海外FXランキング

免責事項
※お申し込みをされる際は、各証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。

CFDパターン別投資法|海外株価指数CFD|債券CFD|金利収入|商品CFD記事一覧

2つの通貨をペアにして、その為替の動きを取引するのがFXですが、日本で大人気なのが通過限定のCFDFXです。FXはキャピタルゲインを狙って、投資対象の価格変動で利益を得るという方法以外に、インカムゲイン(金利)で儲けるという方法もあります。通貨の場合、各国の中央銀行が決めた政策金利をもとに、スワップポイントという金利が設定されます。政策金利が上がれば、スワップポイントも上がるという仕組みです。オー...
アメリカにはハイテク、IT系の株価指数であるナスダック総合指数や、S&P500指数という専門家のベンチマークとなっている有名な指数がありますが、なかでもニューヨークダウは株価指数の代表と言われています。ニューヨークダウは、ダウ・ジョーンズ社が発表する株価指数のことです。それぞれの分野での代表と言われる銘柄のうち、主要となっている工業株30銘柄の平均値を出したものです。この30銘柄はどれをとっても投...
日経平均は、日本経済新聞社が東京証券取引所第1部に上場されている銘柄の中から選んだ225銘柄を指数としたものです。日本の株価指数はこの他に、東証株価指数(TOPIX)も代表的です。日経平均も東証株価指数も、新聞やテレビのニュースでよく取り上げられているので、投資に興味がない人でも名前だけは聞いたことがあるという人が多いと思います。また、銀行や郵便局で販売されている「投資信託」には日経平均に投資して...
現在、世界で経済成長を続けている国は、ブラジルやインド、ロシアなどいくつかの国がありますが、なかでも中国は世界経済をけん引しているといわれています。中国には、A株とB株というのがあるのですが、外国人投資家はB株しか取引きすることができません。A株もB株も株主としての権利は同じとなっているのですが、B株の方が株価が安く、上場している企業もとても少ないので、中国人以外の投資家にとってはメリットがありま...