OANDA JAPAN (オアンダ ジャパン) CFD

香港株価指数CFDで中国株も扱える

CFDの説明

現在、世界で経済成長を続けている国は、ブラジルやインド、ロシアなどいくつかの国がありますが、なかでも中国は世界経済をけん引しているといわれています。

 

中国には、A株とB株というのがあるのですが、外国人投資家はB株しか取引きすることができません。

 

A株もB株も株主としての権利は同じとなっているのですが、B株の方が株価が安く、上場している企業もとても少ないので、中国人以外の投資家にとってはメリットがありません。

 

そこで、多くの外国人投資家は、香港株式市場に上場されている企業に投資をするのが一般的です。

 

香港株式市場の株価指数ハンセン指数をベンチマークにするのです。

 

ハンセン指数には、香港だけでなく、中国の大手企業も上場しているので、中国経済市場に投資しているのと結果的には同じことになるのです。

 

今まではコストが安く、タイムラグがなく取引ができるETFが新興国の株式投資方法の主流となっていましたが、CFDのほうがもっとメリットがあるといわれています。

 

例えば、CFDのほうが最低取引単位が小さくなっています。

 

そのため、少ない元手での投資ができ、そこにまたレバレッジがかけられるので、元手の何倍もの取引をすることが可能になります。

 

また、ETFでは「買い」の取引しかできませんが、CFDでは「売り」の取引もできるので、いろいろな投資をすることができます。

 

ETFは低コストでできるといわれていますが、CFDはスプレッド以外の手数料がかからないので、さらに低コストで取引ができます。

【CFD】取扱い業者

投資のコンビニ CFD 【GMOクリック証券 CFD】

GMOクリック証券 CFD 投資のコンビニ

【GMOクリック証券 CFD】 投資のコンビニ CFD

OANDA JAPAN CFD

再生時間:4分22秒

OANDA JAPAN  CFD口座開設OANDA JAPAN  CFD口座開設 | GogoJungle

OANDA JAPAN CFD★MT4/MT5を使った自動売買がCFDでも使用可能OANDA JAPAN  CFD口座開設 | GogoJungle

DMM.com証券【CFD】

CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄

EZインベスト証券【CFD】】

  • MT4「FX取引」と、日経225指数等の「証券CFD取引」を提供!

EZインベスト証券

EZインベスト証券

フィリップ証券

  • MT5で「FX口座」と、「株価指数CFD口座」「商品CFD口座」を提供!

フィリップ証券

フィリップ証券

免責事項
※お申し込みをされる際は、各証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。